先輩の声

株式会社アートデザインセンター 舟ヶ崎

エグゼクティブプランナー 
舟ヶ崎 修一







弊社の仕事の大好きなところは、
『クライアントの業績を上げるために、
自分でプランを考え、自由に提案できるところ。』
そして、『そのプランが成果をあげ、クライアントの夢や想いが現実化していくところ。』

私はプランナーであり、
今はパティスリー(洋菓子専門店)のブランディングの仕事が多い。
オーナーシェフと会い、現在のお店の悩みやこれからのお店のあるべき姿をヒヤリングする。
ブランドのコンセプトは?お店のイメージは?どんな商品を出せば売れるのか?
ネーミングは?パッケージデザインは?販促ツールやディスプレイは?
お店が繁盛するため、最善の施策をプランニングする。

そして、考え出したプランをデザインの力で具現化することで、
クライアントの業績を上げ、ブランド価値を高めていく。
それがプランナーである自分の仕事。

やりがいが大きい分、責任も重い。
だからこそ、この仕事は面白い。

自分で新しいモノを創造していきたいと考える、情熱のある人は、
ぜひ、弊社の一員となり、その力を存分に発揮してもらいたいと思う。

株式会社アートデザインセンター 廣政

プランナー
廣政 直樹







弊社の方針からいえば、プランナーという仕事はいずれなくなるでしょう。
なぜなら課題と解決策の方針を固め、外部パートナーに指示し、
提出された内容を理性的にジャッジする力を求めているからです。
いわゆるディレクターです。

まえがきが重くなりましたが、クライアントと直接やり取りし、
二人三脚で1つの目的に向かっていくことは非常にやりがいがあります。
これは弊社の将来像がいかに変わろうと変わらないことです。
俯瞰すればBtoBの付き合いですが、
実際のビジネス現場では個人同士の折衝が大きな意味を持ちます。
人の悩みを解決する方法を考えることや、人との信頼関係を作ることが
得意な方にはぴったりの仕事だと思います。

加えて現在私が目指しているのは”Good Facilitator(よき世話人)”です。
課題設定や解決案策定はもとより、相手のビジネスや組織構造を理解し、
円滑にプロジェクトが進むようにコーディネイトすることです。
前段と矛盾しているようですが、ビジネスを長く続けていくには属人的にならず、
組織やシステムとうまく付き合っていく必要があるからです。
信頼関係は個人で、ビジネスは組織で、といったように。

みなさんそれぞれ思い描く将来の姿があるとは思いますが、
もし弊社の方針と重なる部分があれば応募してみてください。
待っています。

株式会社アートデザインセンター 藤本

デザイナー
藤本 岳







+ アルファとチームワーク

初めまして、デザイナーを志す学生の皆様。
私が新社会人として働き始めた頃のデザイナー像は、
キレイでカッコイイものを作って見る人の心をわくわくさせることがきる人間でした。
でも、それは私が新社会人だった頃の話です。
今のデザイナー定義ってなんだろう?
デザインする+アルファが出来ないと厳しい世の中になってきたと思います。

例えば、

デザインする + プレゼンが得意
デザインする + コピーライトがめちゃくちゃく上手い
デザインする + 立体造形ができる
デザインする + 人にめちゃくちゃ好かれる(むしろ営業が向いている)
デザインする + 料理の知識がプロ並みにある(料理の仕事では凄く役立ちますね)

挙げればきりが無いのですが…
私も日々働きながら + アルファを探しています。
正直に言いますと前述の+アルファは全て見つけたいですし、
それ以外の事も身につけたいです。
でも、無理して自分の幅を広げようとしてもそんなに広がりませんし
そうそう身につきません。
だから私は迷った時自分にないものを持っている
仲間(社内外問わず)に相談するようにしています。
良いチームワークを形成できれば仲間が助けてくれるし、
クライアントの悩みに対してどんな事も応えられると思いますし、
応えているうちに頼りになるパートナーとして認められると信じています。


株式会社アートデザインセンター 堀池

堀池 果央







私は4月で入社3年目を迎えます。現在はプランナーとしてひとりでも
仕事を任せていただけるように日々努めています。

私は大学時代からものづくりを通して人の役に立つ仕事に就きたいと考えており、
アートデザインセンターの「クライアントの見えない要望を読み取り、
表面的に眼に見えるデザインだけでなく、根本的な解決策を提案する」
という姿勢がまさに「人の役に立つ仕事」だと思い、入社を志望しました。

入社後1年目は総務の仕事を通じて、社会人としての基礎や
会社がどのように利益を生み出し、運営しているのかを学びました。
アートデザインセンターには型にはまった教育制度というものはありません。
だからこそ自分で積極的に動いて、学ぶ姿勢が重要になります。
私も日々の業務をこなすだけでなく、デザイナーにどう伝えれば
スムーズに業務を行えるのか、ミスを減らすためにはどうすればよいかなど
考えることを意識するようにしています。

現在はクライアントと直接やり取りさせていただくことも増えてきました。
様々な業種のクライアントとお話しさせていただけるので、
新しい業界を知ることができ、この仕事の楽しさを感じています。
クライアントと直接かかわるため、責任が伴いますが、
クライアントのパートナーとして一緒に課題解決に向かっていくプロセスを
経験できるので、自分の成長にもつながると考えています。

株式会社アートデザインセンター 井上

総務
井上 直穂







会社の中で、総務は唯一直接売上を上げることがない部門です。
また、仕事も社風も自由な我が社において、
その真逆を行くような伝票処理や勤怠管理などの
「自由ではない」業務が仕事のほとんどを占めます。

定型業務を間違いなくこなしていれば、
社内の仕事は問題なくまわっていきますが、
そこに総務の存在意義はあるのでしょうか?
それだけなら、アウトソーシングも可能なのでは?

私は、アートデザインセンターにおける総務の存在意義は
プランナーやデザイナーの皆さんに、この自由な環境をいかして、
力を最大限発揮してもらえるようにすることだと考えています。
そして、それは間接的に売上に貢献することにつながります。

そのためには、社内の状況に広く目を配りスピーディーな対応をすること
煩雑な社内手続きを簡素化できないかなど改善を続けること、
定型業務「+α」をどれだけ生み出せるかを日々心がけています。

総務の仕事は、ミスなくスムーズに進むのが当たり前。
総務経理事務としての知識、営業事務としての商品の知識、
庶務としての気配り・・・幅広い力が必要ですが、
縁の下の力持ちとして安定して仕事を行うことが
他の皆さんのチカラにきっとつながるのだと信じています。


  • City of Design KOBE
  • president's blog