先輩の声

株式会社アートデザインセンター 舟ヶ崎

チーフプランナー 
舟ヶ崎 修一







弊社の仕事の大好きなところは、
『クライアントの業績を上げるために、
自分でプランを考え、自由に提案できるところ。』
そして、『そのプランが成果をあげ、クライアントの夢や想いが現実化していくところ。』

私はプランナーであり、
今はパティスリー(洋菓子専門店)のブランディングの仕事が多い。
オーナーシェフと会い、現在のお店の悩みやこれからのお店のあるべき姿をヒヤリングする。
ブランドのコンセプトは?お店のイメージは?どんな商品を出せば売れるのか?
ネーミングは?パッケージデザインは?販促ツールやディスプレイは?
お店が繁盛するため、最善の施策をプランニングする。

そして、考え出したプランをデザインの力で具現化することで、
クライアントの業績を上げ、ブランド価値を高めていく。
それがプランナーである自分の仕事。

やりがいが大きい分、責任も重い。
だからこそ、この仕事は面白い。

自分で新しいモノを創造していきたいと考える、情熱のある人は、
ぜひ、弊社の一員となり、その力を存分に発揮してもらいたいと思う。

株式会社アートデザインセンター 井上

総務
井上 直穂







会社の中で、総務は唯一直接売上を上げることがない部門です。
また、仕事も社風も自由な我が社において、
その真逆を行くような伝票処理や勤怠管理などの
「自由ではない」業務が仕事のほとんどを占めます。

定型業務を間違いなくこなしていれば、
社内の仕事は問題なくまわっていきますが、
そこに総務の存在意義はあるのでしょうか?
それだけなら、アウトソーシングも可能なのでは?

私は、アートデザインセンターにおける総務の存在意義は
プランナーやデザイナーの皆さんに、この自由な環境をいかして、
力を最大限発揮してもらえるようにすることだと考えています。
そして、それは間接的に売上に貢献することにつながります。

そのためには、社内の状況に広く目を配りスピーディーな対応をすること
煩雑な社内手続きを簡素化できないかなど改善を続けること、
定型業務「+α」をどれだけ生み出せるかを日々心がけています。

総務の仕事は、ミスなくスムーズに進むのが当たり前。
総務経理事務としての知識、営業事務としての商品の知識、
庶務としての気配り・・・幅広い力が必要ですが、
縁の下の力持ちとして安定して仕事を行うことが
他の皆さんのチカラにきっとつながるのだと信じています。


  • City of Design KOBE
  • president's blog