求める人材

デザイナー、ディレクター、プロデューサーと言う肩書きでビジネスをされている人が
世の中にどれほど存在しているのでしょうか?
それぞれにクリエイティブな仕事をしておられると思いますが、
当社が社員として認める人は、美しいデザインができるだけでは物足りませんし、
元気のよいプレゼンテーションができても、クリエイティブの本質を理解していなければなりません。

当社に与えられた社会的存在意義は、
クライアントが抱える課題を、拡く、深く、考え抜いて、
結果責任の持てる仕事を提供することですから、
それは至極当然のことです。

では、拡く、深く、考え抜くとはどういうことだと思いますか?
当社に良いマニュアルがあるのでしょうか。
何か決まった方程式を持っているのでしょうか。
そんなに簡単なものではありませんね。

商品を買ってくれる消費者の価値観、商品導入を決定するバイヤーの価値観、
商品を営業する人の価値観、中身を企画する人の価値観、
安全に製造する人の価値観、そして、経営者の価値観を
全て理解した上で、結果を出すことが求められる仕事です。

したがって解決方法を見つけるためには、机の上では考えつくものではありませんし、
市場視察をしたところで思いつくものでもありません。

夢中になれる仕事と、好きな遊びと、学びたいという好奇心が重なり、物事の徹底追求ができてこそ
マーケット価値の高いプランが出来上がるのです。

当社の求める人材像は、納得のゆくまで、拡く、深く、考え抜き、結果責任の持てる人材です。


かさなり


  • City of Design KOBE
  • president's blog